FC2ブログ
あいのりショッピング  そばにいるねアダルト  ワンピースビジネス
身近なこと 感じたこと 好きなこと を書いています。
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性のメイクテクニック
女性のメイクテクニックでまつ毛エクステンション

まつ毛の生え際に、人工まつ毛を1本1本接着剤で付けていくまつ毛エクステンション、通称まつエクが女性の間でブームになっています。過日、「『まつげエクステ』トラブル増」(東京新聞)というニュースが報道されましたが、これも利用者が増加した結果と言えるでしょう。

そもそも、ここ10~15年、メイクの中心的役割を担っているのはアイメイク。特にまつげのメイクに力を入れている若い女性は多く、様々なタイプのマスカラが登場しているほか、つけまつげも人気。しかしそんな女性の “まつげ至上主義”は、いささか不思議に映るようです。

「まつげってそんなに大事ですか?」

と、質問がありました。


そもそも、どうして女性はまつげにこだわる?

「まつげパーマなど、1か月しかもたないのに月に3000円ほどかけてパーマをかける意味あるんですか?」と、質問者はまつげにお金をかける費用対効果はどんなものなのか、疑問に感じたよう。

「マスカラ・エクステ・つけまつ毛・まつ毛パーマのいずれも、目元をパッチリ見せるための手段です。髪型や服装、化粧などで身なりを整えることと同じだと思っていただければわかりやすいでしょう。まつ毛パーマをかけるとメイクが楽なので、出費をもったいないとは思わないです」

女性の化粧を待たされ、イライラしたことのある男性は多いはず。そう、メイクは時間がかかる!その点、まつエクやパーマをかけると、メイク時間の短縮につながるのです。それに目をパッチリさせたいのも、男性に少しでも可愛い自分を見せたいから…という乙女心のあらわれ。健気じゃありませんか。


男性は、女性のまつげメイクをどう感じてる?

一方で、男性は女性のまつげをちゃんと認識しているのでしょうか?

「男性の方、女性のつけまつげ、どう思いますか?」

4人からの回答が寄せられていましたが、残念ながらいずれも男性はまつげメイクに気付かないとのこと。女性からすれば、ちょっと切ない気も。そんななか、男性のメイクに対する意識を的確に分析している人がいました。

「ある男性が「あの子はダントツに綺麗だ。今日もすっぴんであんな…」と言いましたが、やっぱり化粧はしていましたよ(笑)。男性は意味わかりかねると思いますが、ナチュラルな化粧=ほとんど手をかけていない、ではないのですよね。作り物と気付くメイクは派手で嫌だと言うけれど、ごまかされるメイクには文句は言わないし、喜んでだまされるのが男性かと思います」

アイラインの幅やつけまつげの長さなど、今や女性のメイクはミリメートルの世界。でも男性の視点を考えると、女性のメイクテクニックが職人的領域になるのも当然なのかもしれません。


見ています 女性のかかと
見ています 女性のかかと

 夏の日差しになり始め、半袖の人もちらほら。でも女性は、いろいろとケアしなければならないことが増えて大変なんですよね、日焼け止めとかムダ毛処理とか。そんななか、掲示板の質問で気になるものが。

「男性って本当に女性のひじやかかとをチェックしているものなんですか??」

女性誌で「ひじやかかとも、男性はチェックしている」という記事を読み、男性がそこまでチェックするのか、知りたいとか。手を抜きがちなパーツなので、個人的にも回答に興味津々です。


「女の子って大変だよなあ」…見ている人は見ていた!

「靴を脱いだ時に『かかともきれいだなあ、さすが女の子』てなことを思うだけです。他は完璧なのに、そこだけガッサガサだったら軽く引きますけどね(苦笑)。『女の子って大変だよなあ』と思ったりします」(アップルさん)

最後の一文で救われた気にさせられましたが、結局ちゃんと見てるじゃないですか。しかもガサガサだと引きますか、やはり。がっつりチェックするのは、ミジンさん。

「ひじ、かかとに限らず、手やらひざやら首筋やら、見られるとこは見るよ。若く見えるが、実際は年食っちゃっているって方、結構いますからね。老いを隠しにくい部分だもの」

どんなに身ぎれいにしていても、細部にあらわれる年齢はごまかせない。耳の痛い話ですが「このシワは私がずっと生きてきた証です!」と開き直りましょう。

「私は女性ですが、知的で観察力にも富んだ男性ほどパーツに視線を向けていると思います。日頃からケアしておいたほうが無難じゃないでしょうか」(キャットさん)

老け込まない秘訣は、他人からの視線を常に感じること。しかし四六時中美意識を保つって、かなり女性力高めじゃないとまねできないです。


宣伝に踊らされている?

「雑誌は広告を出すスポンサーあってこそ。化粧品会社のちょうちん記事では?」(イシイさん)

「商品が売れそうな身体のパーツは…とメーカーが辿り着いたのが、ひじ、かかとだったのではないでしょうか」(ヨテイさん)

メーカーに踊らされていると考えてしまうと、否定的な思考に陥りがち。でも率先して踊ってやる=新しいものはどんどん取り入れる心意気を持つことは、若くい続けられるポイントのはず。ひじ、かかとを見えにくいからとおざなりにするのではなく、魅力を高めるパーツとしてとらえることが、女性らしさを生み出すカギなのかもしれませんね。

最後に、個人的に気になったのはメインママさんの意見を。

「気になるのは脇下のシワと、ひざ小僧の張りです。シワが少なく、ひざ小僧が綺麗な人は健康な人が多い気がします。生活があらわれる、足の裏もチェックします。足の裏が黄色い人は多いですね。でも、いかなる女性も可愛い存在にはかわりありません」

ひざ小僧はともかく、脇の下ってどのタイミングでチェックしているんでしょうか? 最後の一言にメインママさんのフェティッシュの底知れなさを感じさせます。


薄毛だけどカッコイイと思う人
流行は薄毛だけどカッコイイと思う人!?

ここのところ、どうもおでこが後退してきた気がする。

心なしか頭頂部のボリュームも減ってきたぞ… 予兆が現れ始めた20代後半~30代前半のある時期を境に、あれこれアレンジするのをやめ、すっかり守りモードに入ってしまったという男性の皆さん。

髪へのダメージを気にするあまり、ヘアスタイルに気を使うのは二の次になっているという人も少なくないのでは。

薄毛が目立ち始めると隠す方へと意識が行きがちですが、アレンジ次第ではスタイリッシュにキメるのも可能とのこと。では、薄毛の人にはどんな髪型がふさわしいのでしょう。

掲示板にも、同様の質問が寄せられていました。

「薄毛を見映え良くする髪型は?」



薄い部分を目立たせないポイントとは

「坊主以外で薄毛を隠さない髪型を探しています」という質問者。

回答者からの声に共通するのは「とにかくバランスが大事」ということ。

ある回答者によれば、薄くなってきた部分を基準とし、他の部分をすいてボリュームを均一にすると気になる部分が目立たなくなるのだとか。

また他の回答者からは、カッコイイ髪型としてリーゼントやノーパートの横流しスタイルなどが提案されています。髪の元気がなくなると、散髪にいくのもつい億劫になりがちですが、スタイルを保つにはマメなカットが重要といえそうです。

※関連サイト:教えて!ヘアケア

また、All About「読者モデルが薄毛に似合う髪型に挑戦!」では、読者モデルが薄毛に似合う髪型に挑戦し、美容師の手によって劇的なイメチェンを遂げています。

ここでもポイントとなるのは横のボリューム。両サイドが膨らまないよう、縦長のシルエットをイメージしてカットが施されているということ。

隠そうと長めに髪を残すよりも、思い切って全体を短くすることで、若返った印象を作り出すことができるとのことです。

※参考サイト:All About「読者モデルが薄毛に似合う髪型に挑戦!」



憧れはキムタクのロン毛

薄毛に悩む20代~50代の男性500人を対象に、リーブ21が実施した「髪に関する意識調査」によると、「薄毛でなかったらやってみたい」髪型1位には、木村拓哉が2位以下に大きく差をつけて堂々のランク・イン。

整髪料のCMでも印象的だったあの動きのある長めのスタイルに憧れるという人は多いようです。

※参考サイト:リーブ21「髪に関する意識調査」

一方「薄毛だけどカッコイイ」と思う日本の芸能人の1位には竹中直人が選ばれ、以下渡辺謙、所ジョージ、西村雅彦の名が上がっています。いずれも短くしているのが共通項で、そうした潔さが好印象のポイントとなっているのかもしれません。



脂っぽい肌質で角栓に悩まされている
脂っぽい肌質で角栓に悩まされている

 毛穴を埋める角栓。いちご鼻なんて呼ばれるように、毛穴に詰まって黒ずんだ角栓は意外と目立つもの。しかもちょっとやそっとの洗顔では取り除けず、毛穴パックやグッズなどを駆使して、自己流の方法で取り除いてもすぐに詰まってしまいますよね。

 顔のテカりや化粧崩れの原因になる角栓に悩んでいる方も多いのでは?掲示板でも同様の質問が寄せられています。

「たかが角栓、されど角栓」

 脂っぽい肌質で角栓に悩まされている投稿者。パックやオイルクレンジング、蒸しタオルなど、ほかのサイトに書き込まれていた手段はほぼ試してみたものの、3~4日ほどで角栓が出来てしまいあまり効果がみられなかったのだとか。肌を傷めることはわかっていても、指で押し出す方法が一番取れやすいのだそう。他にいい方法はないかとアドバイスをもとめています。


しつこい角栓の対処方法は?

「鼻パック自体の効果は絶大なのですが、週に一回位のケアしかできないですよね。だから詰まって、使っての繰り返しになる」という83937さんからは、毎日ケアができる具体的なアドバイスが寄せられました。

「テレビを見ながらクレンジングクリーム(マッサージもできるタイプ。ドラッグストアで800円位)をたっぷり顔につけてひたすらぼーっとマッサージする、というのを始めました」

 クレンジングクリームをつけ、小鼻を中心に10分ほどマッサージをするだけ。また、そのまま30分ほど放置すると肌がモチモチになるのだとか。自分の肌に合ったクリームで念入りにマッサージすることが効果的なようです。それ以来小鼻の黒ずみから解放され、過去を振り返っても今の肌が一番調子が良いのだそう、実に羨ましいコメントですね。ほかにも多くの回答が寄せられました。

「重曹を使った洗顔方法、又はパックはどうでしょうか? 重曹は毛穴の脂も落とす働きがあるらしく、値段も安いし今話題になってますよ」

「サウナの利用や長風呂するようになってからはニキビも黒ずみも極端に減るようになりました。お金もあまりかけないので一度試してはどうでしょうか?」

「角栓のあるところにクリーム状の普通の洗顔料で円をえがくようによく泡立ててあらってみると、あぶら分が分解されて毛穴が小さくなります」

「個人的には蒸しタオルよりお風呂(シャワーではなく、湯船に浸かる)が効果的でした」というpintさんは、「皮脂を取りすぎると脂を補おうと、ますます分泌が促されてしまうため、洗顔のしすぎや乳液をつけないことにも注意を」とコメントしています。

 角栓を除去、予防するには、お風呂やサウナでたっぷり汗をかき毛穴を開くこと。そして時間をかけた入念なクレンジングを。洗顔後はしっかり保湿すること、この3点がポイントのようです。梅雨が明ければ夏本番。暑さのあまり、ついさっぱりとした使い心地を重視しがちですが、クーラーのきいた室内は思いのほか乾燥していることもありますから、季節を問わず保湿を心がけたいところ。汗で化粧が崩れても平気なくらいのきれいな肌を保っていたいですね。


テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用

ふっくらとハリのある肌
ふっくらとハリのある肌

「乾燥しがちな冬は、2~3歳ほど老けて見える」なんていわれますが、季節を問わず、年齢を重ねる度にしわや乾燥などをはじめとした肌の悩みが年々深刻化していませんか?

気になる部分を少しでも改善したいと試行錯誤を重ねるものの、思うような改善がみられず苦戦を強いられている人も多いのではないでしょうか。ネットにも、そんなユーザーからの質問がありました。

「30歳目前。乾燥、小じわ…お肌の手入れテクニックを教えて!」

30歳を目前に、乾燥が気になりだしたという質問者。そこで、手持ちの化粧品で出来るお手入れ方法や小ワザ、一般的に知られているセルフケアについてのアドバイスを募りました。

寄せられた投稿によると、化粧品は質よりも量を重視し、徹底した保湿対策を行うことが大切。コットンやフェイスパックに化粧水を染み込ませ、パックをするのが効果的とのこと。

しかし、あまり時間をかけすぎるとコットンが乾燥すると同時に肌の水分も奪われてしまうため、注意が必要なようです。また肌にも倦怠期(けんたいき)が訪れるため、同じ製品を長く使い続けるよりも、ときどき化粧品を変え、肌にとって必要な変化をもたらすのも手なのだとか。

ファンデーションで隠したいのに小じわが目立ってしまう…

そして、目元や口元の小じわを隠そうとファンデーションを重ねて塗ったものの、かえって小じわが目立ってしまった…という経験はありませんか?

「小じわの目立たないファンデーション」

こちらの投稿者もその一人。寄せられた回答によると、ファンデーションなどで隠すよりも肌そのものを改善する、根本からのケアを見直すことが大事なのだそう。回答者が実践しているのは、洗顔後のすすぎを30回以上行い、化粧水と乳液を「これでもかっ!」というほどにたっぷりと与える方法。これを試みたところ、ある程度の改善がみられたようです。

ほかには、パール入りのパウダーなどを使い、光の錯覚を利用して目立たなくするテクニックも寄せられました。肌表面のキメや小じわをカバーしてくれる化粧品が多く売られていますが、やはり内面からふっくらとハリのある肌に勝るものはなし!

高価な化粧品に手を出す前に、まずは丁寧な保湿からトライしてみてはいかがでしょうか。これから迎える季節の変わり目もまた、お肌のトラブルが生じやすい時期。「美は一日にしてならず」を合言葉に、普段のケアを見直してみてはいかがでしょうか。


テーマ:こんなのどうでしょうか? - ジャンル:趣味・実用

美人になるガイドブック
美人になるガイドブックってあるの?


いつまでも美しくありたい!とは年代を問わず、多くの女性のテーマではないでしょうか。

「キレイグセ」「十和子塾」「武田久美子の作り方」など、これらは女性から絶大な支持を得ている人気女優やカリスマ主婦モデルらのエッセイ。

写真を多く盛り込んで綴られた内容は、キレイの秘訣や女性が憧れるライフスタイルなどをまとめ上げたもの。

その中でも、近頃20代のおしゃれブロガーの間で話題を集めている本があります。

雑誌やCMで活躍している人気モデル美香さんによるエッセイ「美人ガイド」。

すでに3度目の増刷という勢いです。


 モデルといえば、キレイでオシャレ、スタイル抜群が当たり前、なんて勝手なイメージがありますが、7年間モデルとして走り続けている裏側では、並々ならぬ努力の積み重ねがあってこそなんですって。

体の弱さや太りやすい体質、肌荒れなど眩い笑顔からは決して想像できない悩みがあったとか。

それらの克服法や選りすぐりの活躍アイテムを写真とともに紹介しています。

この本で注目すべき点は、紹介アイテムを店舗名・製品名まで明記していること。単なるエッセイとは違ってとても実用的。

モデル★美香の美人ガイド 
 
 

 

美は健康な体からと謳っている美香さん。
 
モデル★美香の美人ガイド2 
 
 

 

体に良いとされる黒い食材や、夏場といえども体を温めるヘルシーな鍋を積極的に摂取したりと、どれも納得のいく方法で長続きしそうなものばかり。

 惜しまぬ努力を続ける姿勢や美意識の高さ、モデルという職業に対するプロ意識など読み進めて行けばいくほどポジティブな刺激と勇気を与えてくれます。

自分もあんなに素敵な笑顔を出せるんじゃないかという錯覚も。

さて、そろそろ“3日坊主な私”は卒業してみませんか?

テーマ:こんなのどうでしょうか? - ジャンル:趣味・実用

女性だけの敵ではないといえる紫外線
女性だけの敵ではないといえる紫外線


東京では7月13日に梅雨明け宣言が出され、いよいよ夏本番。

スキンケアグッズや日傘などの紫外線対策市場もいよいよ夏本番を迎えました。

「夏でも美白」は女性の大きな関心事ですが、最近では男性にも美白意識を気にする人が増えているようです。

  

男性向け商品が相次いで発売

化粧品メーカー各社からメンズラインのブランドが立ち上がり、ドラッグストアなどにも専用のコーナーが設けられていますが、多くが女性向け。しかし最近はちょっとした異変が起きています。

老舗傘店「心斎橋みや竹」が、福岡の「フクサン」も「マンブレラ」という商品名で男性向け日傘を発売しています。

また大塚製薬が男性専用の日焼け止めクリーム「UL・OS(ウル・オス) 日焼け止め」を発売するなど男性向けの商品も発売されています。

All About「今年のUVケアはナチュラル派宣言!」で紹介されているようなセレブ御用達・高級ブランドのUVケアアイテムに注目する声もあり、女性向けのケア商品さながらに多様化する傾向が見られます。

  

イケメンランキングに変化!?美白イケメン急浮上

以前であれば、夏はこんがり焼けている方が男らしく、女性ウケもよいのでは… そうした意識が変わりつつあるのが原因のよう。

週刊エンタテインメント情報誌『オリスタ』(オリコン・エンタテインメント)の「気になるイケメンランキング」1位の水嶋ヒロ、よしもとが発表した「男前ランキング」1位のライセンス藤原、2位のはんにゃ金田始め、人気を集めている有名人には小麦色の肌のイメージがあまりない男性の名前が目立ちます。

草食系男子ブームも後押ししてか、男らしさの象徴ともいえる日焼けした肌は、もはやモテる男性の必須条件ではなくなってきているのかもしれません。

さらには、若い世代を中心に男性側の意識にも変化が現れ始めているようです。掲示板には、高校生の男性からこんな質問が寄せられています。

「男も美白??」

「高校1年生の男子なのですが、色白に憧れています」という質問者からは、美白化粧水に関する問いが投げかけられています。

また、日焼けした肌を気にする男性から次の質問が。

「男ですが、色白になる方法を教えてください」

日焼けして以来、肌の状態を気にするようになったという質問者。

回答者からは、年間を通しての日焼け止めの使用や、ビタミンCの摂取がすすめられています。女性にとっては常識だったこれらのケアが、いずれ男性の常識となる可能性があるのかも。

  

男性もケアを怠ると肌年齢に影響が

しかしながら、まだまだ「紫外線なんて特に気にしたことはない」という男性が多いのも事実。

2006年にマンダムが行った「現代日本人男性のスキンケアに関する意識と肌の実態に関する調査」によると、肌が加齢傾向にある人はスポーツ・レジャー時など多量の紫外線を浴びる環境で、日焼け止めを使用する習慣があまりないことが分かっています。

男性も女性のようにケア、メンテナンスをしっかりと行うことが大切。

もはや女性だけの敵ではないといえる紫外線。

日中外出の機会が多い営業マンは、日焼け止めクリームに「男の日傘」を併用するとさらに効果的といえそうです。

テーマ:こんなのどうでしょうか? - ジャンル:趣味・実用

無防備な時でも美肌を保てる優れもの
寝化粧してますか?

  昼間はバッチリ化粧をしてるけれど、寝る前は当たり前にすっぴん。普段ならどうってことないのですが、女の子にはそうは行かない事情ありますよね。綺麗な寝顔はみんなの憧れ。荒れ荒れお肌じゃ、王子様も見て見てみぬふりですよ。

  美とはいかなる時でも気を抜けないもの。問題は化粧水、乳液で保湿したあとのテカテカお肌。毛穴だって全開。できることなら薄化粧をして寝たい。だけど寝るときくらいは肌を休めたい。第一寝具に付くのはちょっと・・・はて、どうしたものか。

  そんな悩める女子に朗報。最近では寝ている間も付けられる寝化粧パウダーがあるそうです。毛穴やキメの乱れをしっかりカバーし、無防備な時でも美肌を保てる優れもの。さらには美白効果や肌荒れ防止効果のスキンケアまでできれば、寝顔美人はもうすぐそこ!

  暖かくなり、心も体もそわそわする季節です。乙女諸君。緊急時に普段使いにぜひ寝化粧をどうぞ。

西川産業 寝顔美人 枕/まくら 低め RCA6559255RC9255-P西川産業 寝顔美人 枕/まくら 低め RCA6559255RC9255-P



商品詳細を見る




テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用



ランキング参加中

応援をおねがいします


おきてがみ

ごくろうさま

おきてがみ

長い間ありがとうございました。
サイトを引越します。
New! 人気のデジカメ館へGO

楽天ショッピング動画

amazonショッピング

お小遣いサイト情報

あなたも<げん玉>を始めて見ませんか。

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

『あし@』

SEO ドットコム

ブックマーク RSS

Yahoo!ブックマークに登録
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
Powered by SEO対策 RSSプラス
QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。