FC2ブログ
あいのりショッピング  そばにいるねアダルト  ワンピースビジネス
身近なこと 感じたこと 好きなこと を書いています。
08 | 2011/09 | 10
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイエット経験者が語るリバウンドとは
ダイエット経験者が語るリバウンドとは

「朝バナナダイエット」や「巻くだけダイエット」など、テレビや雑誌などで取り上げられるたびに話題を集めるダイエット法。

過去にいくつかトライをしたことがある人も多いのでは?

たとえダイエットが成功しても、忍び寄る次なる敵はリバウンド。

成功したダイエット方法を一生続けないと太ってしまうの?掲示板にも気になる質問が寄せられていました。

「リバウンドする一番の原因は ダイエットしたら一生ダイエット生活?」

食事制限などで短期間のうちにダイエットに成功したとしても、その体重をキープするのは至難の業。

投稿者からはリバウンドをしてしまう原因は何か、また一日の摂取カロリーをおさえてダイエットに成功した場合に、そのカロリーで一生過ごさなければ体重は維持できないのかという質問が寄せられました。

確かに食事に気をつけることで体重を減らすことができますが、一生そのカロリーで生活をしなければ元の体重に戻ってしまうとあればまるで自転車操業、実際のところはどうなのでしょうか。


経験者は語る リバウンドをする一番の原因はコレ!

ダイエット経験者という回答者からは説得力のある意見が寄せられました。

85kgだった体重を60kgに落としキープしているという回答者は、運動をすることでダイエットに成功したのだそう。

ダイエットをやめて5年が経過した今でも元の体重に戻ることはないそうで、減食でのダイエットよりも定期的に運動をするのが効果的とのこと。

また別の回答者からは具体的なアドバイスが寄せられました。

リバウンドの一番の原因は無理な食事制限などの継続性に欠ける過激なダイエット方法にあるとし、結果を求めるあまり焦って一気に痩せようとするよりも長期的な戦略で望むのが成功する秘訣のようです。

アドバイスによると、食べたいという欲求をどう抑えるかが大きなカギのよう。

ダイエット方法の見直しはもちろん、絶対にやせるといった強い意志を持って望むなど心の持ち方にも工夫が必要のようです。

まずはムリのないダイエット方法で目標体重まで落としたら、半年ほどのゆっくりとしたペースで体重の様子を見ながら摂取カロリーを少しづつ増やしていき、体重の変動がなければそのカロリーを維持するという方法。

体重と基礎代謝量は比例関係にあるそうで、無理の無いダイエットは体重に見合った基礎代謝量を維持し、省エネモードになることはないのだそう。

やはり最終的には確固たる意志と適度な運動に適切なカロリー摂取を実践するに尽きるわけですが、これがなかなか難しいもの。

でもきつく苦しいダイエットに挑んでもリバウンドが避けて通れないとあれば、ここは腰を据えて長期戦で挑む方法にトライしてみてはいかがでしょうか。

急がば回れ」とはまさにダイエットにぴったりの言葉なのかもしれません。

若者の言ってることはさっぱり?
若者の言ってることはさっぱり?


「よく見ると先輩のスーツの着こなし、そこはかとなく『ジミヘン』ですね」

入社一年目の後輩に、飲みの席で不意にいわれた一言。

学生時代にはギターの神様、ジミヘンに憧れてギターをかじった時期もあったけれど、まさかその頃の名残がスーツ姿からにじみ出ているとは… 

すっかりほめられた気になって、有頂天でよくよく話を聞いたところ

「違いますよ、『地味変(じみへん)』っていったんです」

エェェェー、ジミ・ヘンドリックスのことじゃないの???

若者の間で使われる言葉「地味変」とは一体どういう意味なのでしょうか。


「地味変」の意味は

「地味変」とは、文字通り「地味に変」であるという意味。

若者の間では、ジミ・ヘンドリックスのニックネーム「ジミヘン」をもじってこのような言葉が使われているのだとか。

北原保雄編著『みんなで国語辞典2 あふれる新語』(大修館書店)の「もじりの新語」によると、「目立たないが実は変であること」と説明があります。

目立たないだけに、不意打ちのつっこみを受けた側の気まずさはひとしおかもしれません。

しかし「地味変」という言葉のユーモアあふれるニュアンスがその空気をいくらか和ませてくれそうです。

他にも、同書の「もじりの新語」には、次のような言葉が紹介されていました。

さあ、どういう意味か想像してみてください。

地味ん党
毛荒れスミス
¥ジェル
デリなしー

さて、みなさんはいくつわかったでしょうか。

期間限定企画「クイズ新語検定」では、日替わりでこうした新語クイズを出題していますので、ぜひチャレンジしてみてはいかが。


ビジネスマン必見 さりげないコーディネート
ビジネスマン必見 さりげないコーディネート



「オシャレは足元から」といいますが、みなさんは普段スーツを着るときにどんな靴下を合わせていますか。

黒や紺など、スーツと同系色の靴下を選ぶのが一般的とされているようですが、ここでふと気になったのが、白い靴下。

白といえば清潔感を連想させる色ではあるものの、スーツに合わせるのはタブーなのでしょうか。

Q&Aサイトでも、同様の質問が多数寄せられていました。


スーツに白い靴下、どうしてNGなの?

「靴下について」

掲示板に寄せられたこちらの質問には

「ビジネスマナーとしては、白の靴下はマズい」

「白はスポーティなイメージなので、仕事をするビジネスの場には合っていない」

という回答が寄せられていました。

また、Yahoo!知恵袋に寄せられた「スーツに白い靴下って何故ダメなんですか?」という質問には

「白はスポーツ用だから」

「『スーツに白い靴下はダメ』と世間一般で認識されているから」

といった理由が寄せられていました。

どうやら、白い靴下はスポーツ用であってビジネスシーンには不適切といった意見が多いようです。

では、実際に白い靴下を合わせるのはマナー違反なのでしょうか。

All About「スーツを着るときの靴下選びのコツ」によると、スーツを着るときの靴下選びのコツとして「パンツか靴の同系色を選ぶ」とあります。

「白はカジュアルの着こなしの時だけに履くように」とアドバイスされている通り、やはりビジネスシーンには向かないようです。

また、色ばかりでなく気をつけておきたいのが靴下の丈。

カジュアルなシーンではくるぶし丈やハイカットスニーカー向けの短めソックスなども人気のようですが、座ったときにすねが露出しまわないよう、長めのものを選ぶのがポイントなのだとか。

ビジネスシーンでは、意外と見られている足元。椅子に座ったとき、ズボンの裾からのぞく靴下は目に付くものです。

違和感のない、さりげないコーディネートを心がけたいものですね。

                     


男性の本音 財布代わりじゃないんだから
男性の本音 財布代わりじゃないんだから

初デートのときに食事代を払って以来、自分がデート代を出すのが何となく習慣になっているけれど、給料日前に全額を負担するのは正直キツイこともある。

かといって「割り勘でいい?」と切り出すのは器の小さいヤツと思われそうで… 

たまには彼女にもデート代を出して欲しいけれど、どう伝えるのがスマート?

「おごられて当然」な態度がデートを盛り下げる!?


割り勘デートはNG?

掲示板の質問を探ると、デート代を巡っては「割り勘なのは脈なし?」や、「『ケチな人は愛情もケチる』って言われるのはなぜですか?」など女性からの質問が目に付く中、男性からもこんな声が寄せられていました。

 こんな男はダメですか? 』

付き合って3ヶ月の彼女に、今後のデートは「割り勘で」と伝えたいという質問者。

女性からの意見を請うと「いきなり『割り勘で』と伝えるのではなく、まずは話し合ってはどうか」といった声が多数寄せられました。

そんな中、男性からは「自分の財布を、デートの時『相手に預けてしまう方法』を一度試してみては」との提案も。

無理をしないで今後もデートを楽しむには、あらかじめ使えるお金の上限を設けておくこの方法は、有効といえるかもしれませんね。

さて、こうした質問の回答者の声を探ると、割り勘デートに賛成派の女性の意見も少なからず聞かれました。

「一ヶ月のデート代について」のように、デート用に二人の共同財布を持つという方法も参考にしてみてはいかがでしょうか。


女性の本音はやはり「奢って欲しい」!?

msnの調査「みんなの恋愛常識」の「デートの食事代、どうしたい?」という質問には、女性のおよそ6割が「できれば奢って欲しい」と回答。

一方、「割り勘がちょうど良い」と答えたのは33%にとどまるという結果に。

また、男性のうち「100%奢ってあげたい」と答えた人は65%に上りました。

バブル期以降、女性の社会進出も当たり前になりつつあるとはいえ、食事代に関しては男性が多く支払うものという風潮が、男女それぞれの間に未だ根強く残っているようです。

しかし、奢らない主義の男性からの一言コメントには「財布代わりじゃないんだから…」「男女平等の時代。

レディースデイに違和感を覚えるくらいですので…」といった本音もちらほら。

そんな男性に対し、女性からは「女性としては、寂しい気持ちになります」や「脈がないか、ケチな人なのかな、と」といった厳しい声も。

お金の問題がきっかけで恋人との関係がぎくしゃくしてしまうのは避けたいところ。

奢るにせよ奢られるにせよ、相手のお財布事情を考慮した上で、まずは話し合うのがベターといえるかもしれません。



ランキング参加中

応援をおねがいします


おきてがみ

ごくろうさま

おきてがみ

長い間ありがとうございました。
サイトを引越します。
New! 人気のデジカメ館へGO

楽天ショッピング動画

amazonショッピング

お小遣いサイト情報

あなたも<げん玉>を始めて見ませんか。

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

『あし@』

SEO ドットコム

ブックマーク RSS

Yahoo!ブックマークに登録
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
Powered by SEO対策 RSSプラス
QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。