FC2ブログ
あいのりショッピング  そばにいるねアダルト  ワンピースビジネス
身近なこと 感じたこと 好きなこと を書いています。
10 | 2011/11 | 12
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昭和の女がブームです!?
昭和の女がブームです!?


6年前に公開された映画『ALWAYS三丁目の夕日』をきっかけに、昭和レトロが再び脚光を浴びていますが、昭和は昭和でも「昭和の女」に憧れる人が増えているらしいのです。

某女性タレントが「恋愛中は昭和の女になる」と芸能ニュースで告白したり、映画界でも太宰治や松本清張の小説に出てくる昭和の女を演じる女優たちが注目されたり、何かと「昭和の女」の魅力がクローズアップされてますが…

「昭和の女」ってどんなタイプ?

掲示板に、こんな相談が寄せられていました。

「彼氏に昭和の女性がタイプで、私は平成の女性だと言われました」


回答をみると「昭和の女」とは

「女は男に絶対服従、一歩下がって奥ゆかしいけれども、なよなよしているわけではなく、芯が強い」

なのだそうです。

つまりは古風な女性に憧れる男性が増えているということですね~!!

男と対等に渡り合う「平成の女」に男性側はちょっと疲れているのかも?

ちょっと前までは、古臭い人を「昭和っぽい」と言ったりしていたんですが、今は「昭和の女性」の良い点だけが強調されているみたい。

あのアニメ『ちびまる子ちゃん』の主人公まる子だって「昭和の女」ですから。

昭和の女って言われても、かなり幅がありそうです。

 「おしとやかで、可憐で、物静かで、控えめで、利他の精神に溢れてて、流行に踊らされるような軽薄さもなくて、教養=ファッション&芸能ニュースとか思ってる愚かさもなくて、権利ばっかり貪ろうとする強欲さもない、黒髪で、貞操観念の強い女性」(サワヤカさん)

までいくと、ちょっと「昭和の女」を美化しすぎな、そんな気もしなくはないです。

まぁ、女性側の意見から言えば、男性が「昭和の女」を求めるなら、そういう男性には「昭和の男」になっていてほしいけどなぁ~。

ちなみに僕がなんとなくイメージする「昭和の男」とは、

 「ちょっと頑固だけど、実はやさしく頼もしい。家族のために良く働き、普段は真面目に暮らしているが、いざというときに何とかしてくれる根性と度胸がある」(まーちんか?照)

というかんじ。

う~ん、いそうでいないかも…?

女性も男性もお互いに“ないものねだり”になってきた気がするのは僕だけ?!


お互いを惚れ直すきっかけ
お互いを惚れ直すきっかけ

近年結婚された方に聞くと、私の周りでもほとんどの人が新婚旅行(ハネムーン)に行っているようですね。

そもそも新婚旅行は“必要”なのでしょうか?

そんな新婚旅行の意義について、結婚を控えたプレ新婦の方から、質問がのぼっていました。

「新婚旅行ってやっぱり必要?」

なるほど、回答者の方々のお話も思い出深いものばかり。

「結婚式という大きな仕事を終えた後の慰安旅行みたいだった」

「トラブルの後、ホテルに私達はハネムーンだっ!と言ったら、VIPルームに通してもらえた」

など、確かに他の旅行に比べると特別な雰囲気が伺えます。

また「ハネムーンは長期休暇で大きな顔していけるチャンス、プライスレス!」なんて意見もあり、やはり“別格な旅行”という意識が高いようです。


二人で作る“最初の思い出作り”

会社からもらえる「結婚休暇」の関係で式後や近日中にそのまま行かれる方もいれば、少し間を置いていかれる方とさまざまです。

また、行き先もせっかくの機会だからといって海外を希望される方もいらっしゃいますし、国内旅行の方も依然人気が高いようです。

結局のところ、実際結婚をしてしまうと経済的にも時間的にも思いっきり旅行にいける機会が少なくなってきてしまうので、あえて新婚旅行にだけには行った方がいい!挙式は挙げなくても、可能な限り「二人の思い出」を作った方がいい、と押す意見が大半です。

僕が海外で新婚旅行のカップルを見かけて素敵だなと思った場面は、言葉が通じなくても夫婦で頑張ってフロントと交渉したり、二人で地図を見ながら街中をウロウロしたりしている姿です。

お互いを旅先で支えあい、共に特別な旅行を楽しむ姿って、初めて本当の家族になったようで非常にほほえましい光景ですよね。

相手がいざという時には頼りになることを知ったり、知らない土地に共に飛び出すことでドキドキしたり・・とお互いを惚れ直すきっかけになるかもしれませんね。





ランキング参加中

応援をおねがいします


おきてがみ

ごくろうさま

おきてがみ

長い間ありがとうございました。
サイトを引越します。
New! 人気のデジカメ館へGO

楽天ショッピング動画

amazonショッピング

お小遣いサイト情報

あなたも<げん玉>を始めて見ませんか。

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

『あし@』

SEO ドットコム

ブックマーク RSS

Yahoo!ブックマークに登録
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
Powered by SEO対策 RSSプラス
QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。