FC2ブログ
あいのりショッピング  そばにいるねアダルト  ワンピースビジネス
身近なこと 感じたこと 好きなこと を書いています。
03 | 2013/04 | 05
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新規公開株って何だろう?
新規公開株って何だろう?


今回はこのIPOに関する質問について調べていきたいと思います。

「IPOって何だろう?」

新規公開株は英語では「Initial(最初の)Public(公開の)Offering(売り物)」と言い、この頭文字をとってIPOと呼ばれています。

通常IPOは新興企業が上場するケースが多く見受けられますが、第一生命のように大きな会社でも新規上場を行います。

企業にとって株式を公開することは、資金の調達を行いやすくなる、社会的信頼度が上がるなど、様々なメリットがあります。

しかし、株式を公開することによって買収される可能性が出てくる、などといったデメリットもあります。

一方、投資家にとってのメリットは、IPOの取得に際して手数料がかからない、売り出し価格が割安に設定されている、などがあります。

デメリットとしては、上場後は株価が乱高下する状態が続きやすく、落ち着くまでに早くとも3~6ヶ月近くかかるため、焦らずに見守る必要がある、ということです。


「IPO(新規公開株)を始めたいのですが」

「IPOの買い方教えてください」


実は、IPOはどこの証券会社でも購入できるというわけではありません。

企業は新しく上場させる株式数を10万株や100万株、というように決めているのですが、その株を個人投資家がいきなり企業に「買いたい」と言っても買えるわけではありません。

この株式は証券会社ごとに割り当てられており、IPOを割り当てられた証券会社から購入できます。

この時、割当のなかった証券会社から購入することはできません。

また、割当のあった証券会社に申込んでも、すぐに購入となるわけではなく、IPOへの応募者が多数いる場合は抽選で投資家に分けられています。

このため、必ずしもIPOを購入できるわけではありませんでした。


女性のメイクテクニック
女性のメイクテクニックでまつ毛エクステンション

まつ毛の生え際に、人工まつ毛を1本1本接着剤で付けていくまつ毛エクステンション、通称まつエクが女性の間でブームになっています。過日、「『まつげエクステ』トラブル増」(東京新聞)というニュースが報道されましたが、これも利用者が増加した結果と言えるでしょう。

そもそも、ここ10~15年、メイクの中心的役割を担っているのはアイメイク。特にまつげのメイクに力を入れている若い女性は多く、様々なタイプのマスカラが登場しているほか、つけまつげも人気。しかしそんな女性の “まつげ至上主義”は、いささか不思議に映るようです。

「まつげってそんなに大事ですか?」

と、質問がありました。


そもそも、どうして女性はまつげにこだわる?

「まつげパーマなど、1か月しかもたないのに月に3000円ほどかけてパーマをかける意味あるんですか?」と、質問者はまつげにお金をかける費用対効果はどんなものなのか、疑問に感じたよう。

「マスカラ・エクステ・つけまつ毛・まつ毛パーマのいずれも、目元をパッチリ見せるための手段です。髪型や服装、化粧などで身なりを整えることと同じだと思っていただければわかりやすいでしょう。まつ毛パーマをかけるとメイクが楽なので、出費をもったいないとは思わないです」

女性の化粧を待たされ、イライラしたことのある男性は多いはず。そう、メイクは時間がかかる!その点、まつエクやパーマをかけると、メイク時間の短縮につながるのです。それに目をパッチリさせたいのも、男性に少しでも可愛い自分を見せたいから…という乙女心のあらわれ。健気じゃありませんか。


男性は、女性のまつげメイクをどう感じてる?

一方で、男性は女性のまつげをちゃんと認識しているのでしょうか?

「男性の方、女性のつけまつげ、どう思いますか?」

4人からの回答が寄せられていましたが、残念ながらいずれも男性はまつげメイクに気付かないとのこと。女性からすれば、ちょっと切ない気も。そんななか、男性のメイクに対する意識を的確に分析している人がいました。

「ある男性が「あの子はダントツに綺麗だ。今日もすっぴんであんな…」と言いましたが、やっぱり化粧はしていましたよ(笑)。男性は意味わかりかねると思いますが、ナチュラルな化粧=ほとんど手をかけていない、ではないのですよね。作り物と気付くメイクは派手で嫌だと言うけれど、ごまかされるメイクには文句は言わないし、喜んでだまされるのが男性かと思います」

アイラインの幅やつけまつげの長さなど、今や女性のメイクはミリメートルの世界。でも男性の視点を考えると、女性のメイクテクニックが職人的領域になるのも当然なのかもしれません。




ランキング参加中

応援をおねがいします


おきてがみ

ごくろうさま

おきてがみ

長い間ありがとうございました。
サイトを引越します。
New! 人気のデジカメ館へGO

楽天ショッピング動画

amazonショッピング

お小遣いサイト情報

あなたも<げん玉>を始めて見ませんか。

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

『あし@』

SEO ドットコム

ブックマーク RSS

Yahoo!ブックマークに登録
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
Powered by SEO対策 RSSプラス
QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。