FC2ブログ
あいのりショッピング  そばにいるねアダルト  ワンピースビジネス
身近なこと 感じたこと 好きなこと を書いています。
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛は地球を救う
原爆献水 

 63年前の今日、長崎市に原爆が投下されました。広島市と並び、今なお原爆の後遺症で苦しんでいる人も少なくありません。どんどん風化していってしまう戦争の記憶を、若者は受け継いでいるのでしょうか?

 近年、注目を集めている「原爆献水活動」。若いユーザーも多いmixiなどのソーシャル・ネットワーキング・サービスを中心に広がりつつあります。

 原爆献水とは、苦しみながら水を求めた被爆者を偲んで慰霊碑に水をささげる儀式。広島市主催で、昭和49年から「平和記念式典」の前に行われています。この儀式で、初回から平成16年まで献水者を務め上げたのが宇根利枝さん。彼女は当時「水に毒が入っている」という噂が流れたことから、被爆して苦しんでいる人たちに水を与えなかったことを悔やんでいました。そんな彼女が昭和30年のある日、山から滴り落ちる水の美しさに遭遇し、一人被爆者の慰霊碑に水をささげる活動を開始し、やがて、献水活動が広がっていったのです。

 その彼女の活動を知ったフリーライターの中村一夫さんが、インターネットなどを通じて全国各地の名水を探り、原爆献水活動への参加を呼びかけたことで、今年は約30カ所の水が寄せられたのだそうです。

 終戦から63年。戦争体験者の貴重な話に耳を傾け、同じ過ちを二度と起こさないことを胸に刻み、平和について身近な人と話し合ってみませんか。



 我が家には親戚の子供達が遊びに来ています、この子達の将来を考え、出来ることからコツコツと実行したいものですね。


(追伸:PC時間が制限されてしまっています、お母さん子供達を早く迎えにきておくれ~)

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://matinn39.blog82.fc2.com/tb.php/222-f8cd2ab6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ランキング参加中

応援をおねがいします


おきてがみ

ごくろうさま

おきてがみ

長い間ありがとうございました。
サイトを引越します。
New! 人気のデジカメ館へGO

楽天ショッピング動画

amazonショッピング

お小遣いサイト情報

あなたも<げん玉>を始めて見ませんか。

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

『あし@』

SEO ドットコム

ブックマーク RSS

Yahoo!ブックマークに登録
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
Powered by SEO対策 RSSプラス
QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。