FC2ブログ
あいのりショッピング  そばにいるねアダルト  ワンピースビジネス
身近なこと 感じたこと 好きなこと を書いています。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時代はリアルおくりびとへと...
リアルおくりびとをもっと知ろう

 第81回米アカデミー賞外国語映画賞を受賞した映画「おくりびと」が、公開から5ヶ月の月日を経て、興行成績ランキングで初の首位を獲得。検索回数ランキングでも、関連ワードが連日50位以内にランク・インするなど、作品への注目度の高さが伺えますが、同時に主人公の職業「納棺師」を始めとする、人の死にたずさわる仕事にも関心が寄せられている模様。そんな「リアルおくりびと」たちの仕事とは、一体どういうもの?

 映画「おくりびと」で、納棺の儀式を通して描かれていたのが人の死の尊厳であるのに対し、そこでは触れられていなかった葬儀費用の内訳、および葬儀社以外のビジネスにスポットを当てているのが、窪田順生著「死体の経済学」。全国平均231万円といわれる葬儀費用の原価に迫り、さらに遺品整理屋、事件現場清掃会社への取材も行うなど、死にまつわるビジネスの最前線を追っています。さまざまな業者が参入し、急速に充実しつつある葬儀サービスの「今」を知ることができる一冊です。

 また、映画の原点となったのが、納棺師である青木新門(しんもん)氏の著書「納棺夫日記」。受賞に伴い注文が殺到、15万部の増刷が決定したとのこと。本書には、仕事現場に関する記述とあわせて、長年納棺師の仕事にたずさわってきた著者ならではの宗教観・哲学が綴られており、「生」と「死」について深く考えさせられる内容となっています。

 死は誰にでもおとずれるものでありながら、タブー視されることも決して少なくなかった葬儀ビジネスの内実。しかし、映画の受賞を受けて、こうした現場を支える「リアルおくりびと」の存在に目が向けられるなど、その概念は確実に変化しつつあるようです。

おくりびと [DVD]おくりびと [DVD]
(2009/03/18)
本木雅弘広末涼子

商品詳細を見る



テーマ:こんなのどうでしょうか? - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

日本はくさいものには蓋をするという文化が今だありますね^^
応援です^^
【2009/03/08 11:03】 URL | せどりん #- [ 編集]

せどりんさん
確かにそうだと思います。
【2009/03/11 21:16】 URL | まーちん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://matinn39.blog82.fc2.com/tb.php/484-2530d8b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ランキング参加中

応援をおねがいします


おきてがみ

ごくろうさま

おきてがみ

長い間ありがとうございました。
サイトを引越します。
New! 人気のデジカメ館へGO

楽天ショッピング動画

amazonショッピング

お小遣いサイト情報

あなたも<げん玉>を始めて見ませんか。

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

『あし@』

SEO ドットコム

ブックマーク RSS

Yahoo!ブックマークに登録
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
Powered by SEO対策 RSSプラス
QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。