FC2ブログ
あいのりショッピング  そばにいるねアダルト  ワンピースビジネス
身近なこと 感じたこと 好きなこと を書いています。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢の自給自足生活は
夢の自給自足生活は

 最近は野菜作りがちょっとしたブームになっているようですね。僕も家庭菜園をやっていて、今年は思い切って小さな畑を借りてみたいのですが、どれくらいの広さがあれば自分ひとりが食べる分の野菜をすべて賄えるのでしょうか?

「家庭菜園で一人分の野菜を収穫するにはどれ位の広さが必要ですか?」

という質問が投稿されていました。果たして夢の自給自足生活に必要な畑の広さはどれほどなのでしょうか。


計算だと約20坪の畑が必要

畑の素人にはどうにも必要な広さがイメージできないこの難問に対し、一日に必要な野菜の量と面積当たりの収穫量から計算した回答が寄せられています。

「1日に350gの野菜を必要とすると、350g×365日=127.750kg。野菜類の平均収量を『2kg/平方メートル』として、64平方メートル(約20坪)って事になりますね」

こうやって数字を並べられると、漠然としていたものが急に具体的になってきますね。

20坪といえばマンションの間取りで3LDKくらいの広さでしょうか。

このくらいだったら、トラクターがなくても世話ができそうな気がします。

実際は2畳くらいの広さを鍬(くわ)で耕しただけで全身筋肉痛になりましたが…。


狭い畑でのネックは連作障害

僕の体力の問題は置いておいて、20坪ならちょっと都心から離れれば入手可能な広さに思えます。

しかし野菜を育てるということは、やはりそう簡単ではないようです。実際にお米と野菜を自給している方からの回答を見てみましょう。

「自給用の畑の場合、一番問題になるのが「連作障害」です。一人分の野菜だけ作るのならば、面積的には20坪あれば死ぬほど食えます。しかし、自給するとなるといろんな野菜を何種類も作ることになり、20坪ではすぐに連作の問題が出てしまいます。すなわち、量的には一人分は10坪でも足りるけれど、現実的ではない、ということです。」

連作障害とは、同じ場所で同じ種類の野菜を育てると、様々な要因で収穫量がだんだんと減っていく問題。

それを避けるためには、一度収穫をしたら数年間は別の種類の野菜を育てる必要があるのですが、確かに狭い畑だとローテーションが組めないですね。

ただ、このように1人分で考えると無理がありますが、5人分、10人分で考えれば、広い畑を用意できるので連作障害も避けられ、自給も可能なようです。とはいえ、素人が自分で食べる全ての野菜を育てるというのは、かなりハードルが高いようですので、とりあえずは育てやすいものをたくさん育てて、その野菜を使った料理のレパートリーを増やす方向で自給率をアップさせてみようと思います。


テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント
こんばんはo(^0^o)o(^-^)o(o^0^
自給自足かぁ(-_-;)・・・
農・林・漁業の町に住んでいると
やっぱり、サラリーマンが良い!!
しがなく・・
会社を始めたnekoは思うんだなぁ・・・★
【2010/05/09 20:23】 URL | nyannko12000 #- [ 編集]

nyannkoさん
時代は繰り返されるですよ
エコ活動も盛んですから自給自足時代!?
【2010/05/13 17:50】 URL | まーちん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://matinn39.blog82.fc2.com/tb.php/735-334b1627
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ランキング参加中

応援をおねがいします


おきてがみ

ごくろうさま

おきてがみ

長い間ありがとうございました。
サイトを引越します。
New! 人気のデジカメ館へGO

楽天ショッピング動画

amazonショッピング

お小遣いサイト情報

あなたも<げん玉>を始めて見ませんか。

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

『あし@』

SEO ドットコム

ブックマーク RSS

Yahoo!ブックマークに登録
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
Powered by SEO対策 RSSプラス
QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。