FC2ブログ
あいのりショッピング  そばにいるねアダルト  ワンピースビジネス
身近なこと 感じたこと 好きなこと を書いています。
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会社を見極めるよいポイント
会社を見極めるよいポイント

 面接にもいろいろな手法があります。個人面接、グループ面接、応募先によって質問内容もマニュアルどおりであったり、個性的な面接手法(応募者同士で質問をさせるなど)をとっている企業も。しかし、昔から面接手法として残っているのが、「圧迫面接」。

 極端に難しい質問や、面接官から回答に対して否定形で返答されたり、なかには小馬鹿にするような態度をとる面接官など、応募者に通常より厳しい緊張感を与え、怒りを覚えさせる面接を一般的に圧迫面接といいます。果たして圧迫面接をする応募先はどのような意図でそのようなことを行っているのでしょうか。

「圧迫面接に恐怖を感じてしまいます」

「圧迫面接の対処の仕方」

など、圧迫面接に関する質問は絶えません。

圧迫面接がなくならない理由と対応策

 普通の考えだと、圧迫面接→応募先への悪印象→風評の流布(特にネット上)→企業イメージの低下などにつながると考えますが、いつまでたっても圧迫面接はなくなりません。

そもそも圧迫面接をカテゴリーに分けて考えると、

(1)面接官の性格
(2)圧迫された時の対応適性評価
(3)採用する気がない時間つぶし


 (1)の場合、古い考えの面接官が自分では当たり前と思っていることをつい質問に乗せてしまう場合です。また面接のタブー質問を理解していない場合も、つい家族のことを質問してしまう、差別的な質問をしてしまう。仕事のことになると、また「つい」がでてしまい、最近の応募者は考えが甘いと勝手に判断し、「自分はこんな状況に長年耐えてきた。だからおまえ(応募者)は耐えられるのか」などの質問を浴びせてしまいます。

 この場合、面接官の性格ですから、その性格に合わせて回答するしか方法がありません。そして面接後に合否はともかくとして、質問内容をよく吟味して、自分にも突っ込まれるポイントはなかったか、また次はどのように回答したらよいかと、前向きに次の面接に臨むのがよいでしょう。決して落ち込んではいけません。たかだか1社の1担当の圧迫面接です。

 (2)の場合、たとえは変ですがこれが本当の「圧迫面接」を行う理由です。会社は学校ではありませんから、顧客からクレームを受けたり、重大なミスをリカバリーしたりする場面が多くあります。当然クレームは怒りを伴っていますから、そのときにどう対応できるかを、面接で見定めている。肝が据わっているかを判断するために、あえて圧迫する。この場合、質問内容をよく理解して、相手が納得する答えではなくても、毅然とした対応を心がけるべきでしょう。また自分の経歴に負い目がある部分を突かれることが多いので、その対応を準備しておく必要があるでしょう。ただしその応募先の面接すべてが圧迫だった場合は、よほど厳しい就業環境であることも予想しなければなりません。

 (3)の場合、これは最低です。すでに採用者は決まったけど、面接予約をいれてしまった場合などに、暇な従業員を面接にまわして「とりあえず面接しました」という体裁を整えるだけの場合があります。そのときは当然採用する気はありませんから、質問も稚拙で、タブー質問も乱発。マナーもなっていない。こんな場合は「これは面接ではありませんので、退席します。書類をこの場で返却してください」とその場で言ってもよいのではないでしょうか。

 面接官は会社の顔ですから、たとえば(1)のような人物を面接官にあてる会社は果たしてどうなのかなど、面接される側も、圧迫面接に屈することなく、会社を見極めるよいポイントと前向きに判断してはいかがでしょうか。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://matinn39.blog82.fc2.com/tb.php/757-f1009f52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ランキング参加中

応援をおねがいします


おきてがみ

ごくろうさま

おきてがみ

長い間ありがとうございました。
サイトを引越します。
New! 人気のデジカメ館へGO

楽天ショッピング動画

amazonショッピング

お小遣いサイト情報

あなたも<げん玉>を始めて見ませんか。

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

『あし@』

SEO ドットコム

ブックマーク RSS

Yahoo!ブックマークに登録
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
Powered by SEO対策 RSSプラス
QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。